カードローンの借り換えをしたい方に、具体的な申込み方法や審査基準、総量規制についてなど分かり易く解説!

借金を一本化したい方は以下のカードローンの借り換え審査の豆知識を参照の上、当サイトでご紹介している激甘ファイナンスの借り換えローンをご利用して見て下さい。

返済が楽になるでしょう!

借り換えローンの審査の手順や方法

借り換えローンに限らずキャッシングや消費者金融などでは申込み者の返済能力があるかどうかを審査します

その審査内容は以下の通りです

☆申込み内容の審査

☆スコアリングで審査

上記の☆印の2つを総合して審査に通すか落とすかを決めるようです。

☆申込み内容の審査⇒
「申込み内容」による審査は分かり易くいえば「申込書類」、「ネットでの申し込みフォーム」で記入された内容を元に審査をします

年齢制限にひっかかっていないか(未成年や老人でないかどうか)、勤め先はどこか?、収入はいくらくらいか?・・・など、申込み者が記入した申込み内容をチェックします。

また勤め先に本当につとめているのかどうかを在籍確認の電話も行います(個人名で在籍確認を行うので借り換えローンに申込んだことは会社にはバレマセン)

☆スコアリングの審査⇒

スコアリングの審査とは過去のローン利用者の統計データを参考にして行われる審査です。

借り換えローン会社に限らず、ローン会社、クレジット会社は過去の顧客データを大量に保有しております。

その顧客データは「統計データ」と呼ばれ審査の参考資料として使われます。

具体的には・・・・年齢、性別、結婚の有無、勤務先、勤務年数、勤務形態(正社員かアルバイトかなど)、借入件数、借入希望額、過去の事故歴(ブラックリストの有無)など色々な要素を総合して、借り換えローンの申込者に一番近い過去の利用者のデータをコンピューターが探し出します。

そして、その該当する過去のユーザが過去にしっかりと返済をしているかをチェックします。

しっかりと返済しているようならばスコアリングの審査はOKです

一方でしっかり返済していないようならばスコアリングの審査はNGとなります

総量規制対象外の借り換えローンとは

あなたは総量規制対象外という言葉を聞いたことはありますか?

消費者金融やキャッシング、カードローン等でよく使われる法律です。

その意味を簡単に説明すると平成22年より他社借入の多い多重債務者を減らす目的で「融資額は年収の3分の1以内にする」という法律です

例を挙げると、あなたが年収400万円としたら、実際にキャッシングや消費者金融等で借りれる金額は、総量規制に当てはめると・・・3分の1の120万円までとなります。

しかし、一般的に既に複数の借金をしている人の大半は、おそらく総量規制に引っ掛かってしまいますよね?

つまり、年収の3分の1以上借りている多重債務者が新たにローンが出来ない事になります

それは困った・・・・と思いますよね?

『これでは借り換えローンが使えないではないか!!』・・・・とお怒りの方もいるでしょう。

総量規制対象外の借り換えローンや銀行ローン

しかし、総量規制にも抜け穴があったのです!!

つまり、銀行カードローン等は実は総量規制対象外となります!

法律上では銀行カードローンは消費者金融やクレジットカードのキャッシングとは別のカテゴリーとなるのです。

だから銀行のカードローンは総量規制対象外となり『年収の3分の1以内の融資』に当てはまりません。

つまり、年収の3分の1以上の融資も場合によっては可能ということになります。

従って、複数の借金を借り換えローンで一本化する為には銀行のカードローンを使うのが良いのです。

一般的に銀行のカードローンは審査が厳しいというイメージがありますが、実際は決してそんなことはありません。

銀行カードローンの公式ページには「アルバイト・パートでもOK」とか

中には「専業主婦もOK」なんていう銀行もあります。

(以下の銀行カードローンは総量規制対象外です。借り換えローンとして利用できます)

某M銀行のカードローン
最大手のメガバンク!
安心ですね!

某R銀行のカードローン
某都市銀行のカードローン
こちらも安心!
限度額が最高800万円

某IT系銀行のカードローン
人気ネット銀行のカードローンです
借り換えに有効
審査も甘いです

某地方銀行のカードローン
審査の甘い地方銀行系のカードローン
低金利
大口融資
借り換えに使えます


(借り換えローン&おまとめローンの激裏情報)

審査の甘いおまとめローン

他社借入あっても借りれるローン

審査の甘いおまとめローン

おまとめローンの審査基準

総量規制対象外のキャッシング

ブラックOKのおまとめローン