「最近の大手の消費者金融ってどうよ?」

・・・・そんな声が聞こえてきそうです(笑)

手持ちの現金が足りない人はお手軽に借りれる消費者金融を利用するのが今では当たり前の時代となりました。

昔みたいに人目を隠れて裏通りにある雑居ビルの消費者金融の店舗や無人契約機でこっそりと借りる人はあまりいません。

自分のスマホを手に取って気軽に申し込むのが普通でしょう。

さて、万年需要ある消費者金融ですが、最近では大手の借り入れ状況はどんな感じなのでしょうか?

普通のサラリーマンは勿論、アルバイトやパート、専業主婦、自営業の人でも簡単に借りれるものなのでしょうか?

消費者金融でお金を借りる話題を書くに際して何故大手をとりあげるのかと言いますと、お金を借りたい人のほとんどはまずは大手の門をたたくからです。

私も以前は沢山消費者金融で借りていましたが、最初は大手のアコムとかプロミスから申し込んでいました。

さて、この大手の消費者金融の審査通過率(融資可決率)はだいたい以下の通りです。

◎アコム⇒40%強

◎プロミス⇒40%強

◎アイフル⇒40%強

◎モビット⇒40%弱

◎レイクALSA⇒40%弱

色々調べてみたのですが、アコム、プロミス、アイフルの3社はだいたい40%強の審査通過率。

50%行くか行かないかのレベルですね。

つまりこの3社に申し込んだ人の半分以上の人が審査に落ちております(汗)

あんまり通過率よくないですね(:_;)

一方でモビットは40%行くか行かないかのレベル

銀行色が強い消費者金融のモビットは当然融資可決率が下がる形となります

またレイクALSAに関しては以前はアコムやプロミス、アイフルとそれほど変わらない融資可決率でしたが、今は消費者金融というよりも銀行カードローンのカテゴリーです。

当然、審査通過率も30%~40%弱位ではないでしょうかね。

これらの大手消費者金融会社はつまり申込人の半分以下しか借りれていないのが現状です。

職業や年収別に更に細かく分類すると、融資を受けられている人の60%以上が正規雇用(正社員の会社員や公務員)の人です。

40%以下がパートやアルバイト、自営業者です。

やはり大手の消費者金融は非正規雇用者よりも正規雇用者の方が審査が有利です。

貴方がもし消費者金融でお金を借りたい場合は、自分の属性や年収、既に借りている借り入れ状況など考慮して大手にするか中小にするか決めて下さい。

どうしても迷う場合はネットの匿名仮審査がお勧めです

貴方が借りれる融資先がズバリわかる!匿名仮審査のくらべる君

くらべる君は貴方の簡単な情報を入力するだけで、貴方がだいたいどこで、いくら位くらいまで借りれるかを割り出してくれます。

非常に便利ですね!

匿名の仮審査なので信用情報に履歴が残ることもありません

無料で利用できますので是非ご活用下さい

貴方が借りれる融資先がズバリわかる!匿名仮審査のくらべる君